メジロん撮影に挑戦するなり。

ブログ
スポンサーリンク

3月のとある日、梅園に行き、メジロの撮影に挑戦してきました。

場所に選んだのは、前回出かけたらまだまだの状態だった、

三重県の『結城神社』の梅園へ

同行は弟君と、前回の浅田家ツアーの同行者A氏のいつものメンバーで。

弟君に乗せてもらって、

A氏とは現地集合しました。

スポンサーリンク

朝イチから撮影開始

7時過ぎには現地到着して、

8時前にはA氏と駐車場にて合流。

駐車場は大きく無料で開放して下さっています。

8時30分からの開園でしたが、

その前には開園してくれていたような気がします。

入園料は500円なり。

スポンサーリンク

入園、そして撮影開始。

そして、入園。

カメラを取り出して、設定を行いました。

メジロ撮影のベテラン、A氏のアドバイスを基に、設定していざ撮影開始。

ちなみに

本体はPENTAXK-30のAPSC機(フルサイズより一回りコンパクトな一眼レフ)に

TAMRONのレンズ 70-200mmF2.8の望遠をつけて、

BLACKMISTNo1のフィルターをつけて撮影に挑んでみました。

PENTAX デジタル一眼レフカメラ K-30 ボディ クリスタルブルー K-30BODY C-BL 15700
92年間蓄積してきた技術を生かした、ミドルクラス性能のエントリー機!エントリークラス価格の上に、エントリークラス並みの小型軽量ボディ、防塵・防滴構造や視野率約100%のガラスプリズムファインダーなど、上位機種と同等の機能にこだわり、一眼レフ初心者でも高画質画像の撮影を手軽に楽しめるように開発したモデル。また、最高約6コ...
TAMRON 大口径望遠ズームレンズ SP AF70-200mm F2.8 Di ペンタックス用 フルサイズ対応 A001P
4960371005027
Kenko レンズフィルター ブラックミスト No.1 77mm ソフト描写用 717783
テレビや映画の世界で使われていた「ブラックミスト」フィルターを写真用に転用。非常に微細な黒い拡散材を、光学ガラスに内包したフィルターです。光の回折により、ハイライト部とシャドー部のコントラストを弱め、くせのないソフト効果をつくります。他のソフトフィルターは画面を白っぽくしてしまうのに対し、ブラックミストは画面を白っぽく...

基本設定は、ISO800

スピードシャッターは3200

F値は2.8で。

明るくなりすぎたら、ISOを低くして

暗くなりすぎたら、ISO1600まで上げて、スピードシャッターを少し落としての調整をしながら。

スポンサーリンク

撮影してみて

で、撮影開始、

まずは、メジロんちゃん達の居る場所を見つけるのに一苦労…。

A氏からは、

「メジロを見つけようと思わずに、花びらが落ちてくる木を探すと良いですよ」とのアドバイス。

「なるほど。」

メジロんちゃんが、花びらを突っつくと、同時に木が揺れて、他の花びらがヒラヒラ舞うとの原理。

「フムフム。」

「メジロは首を動かしたら移動の合図です。そして、飛ぶ前から連写開始です。」

「……。」

そして見つけても、さすが生き物。

思い通りには動いてくれません…。(当たり前か)

近寄ってくれる事を、ひたすら祈りながら構えるのみ…。

そして、やがれ、腕はプルプル状態に…。(望遠レンズが重いのです…。)

そして、そして、シャッターチャンスだと思いきや、シャッターを押す時間すらもらえずに、

あっという間にサヨウナラー…。

連写をしても、カメラが連写に耐えきれず、何度もストライキを起こしたりしてました。

(SDカードの能力が追い付かなかったのかな?)

やみくもに空砲を打った感有りの、

ちゃんと思い通りに撮れたのか撮れてないのかすら確認する時間すら有りませんでした…。

結果報告

結局、ちゃんと撮れたのか撮れてないのかも分からないまま、

撮影は終了。

で、家に帰って見返して、

『削除』のオンパレード(苦笑)。

「こんなん撮れてたんやー、いつ撮ったのかな?」と振り返る始末…。

ゴミの山から少ない宝物を見つけるのは大変でした…。

でも、ほんの少しだけ、自分のお眼鏡に叶ったのも有ったのです(笑)。

そちらは、またインスタグラムでアップしていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました