名古屋の写真教室に通い始める2015年の巻~3 PhotoShop

ブログ
DSC_0950
スポンサーリンク

他にも教室に通ってみて良かったのは、

カメラの扱い方である、ハード面だけでなく、

ソフト面を教えてもらえた事でした。

写真ソフトの PhotoShop の扱い方を教えてもらえた事は

自分にとっては大きなメリットでした。

初めは、気乗りせず、イヤイヤな部分も有ったんですが、

教えてもらううちに、「やっぱ、これスゴイわ」と思うようになってしまった(苦笑)

何事も経験って必要なのね…。

現在、自分は月額1,078円(税込)の ADOBE PHOTOGPHY PLAN を使っています。

PhotoshopとLightroomフォトグラファー向けのフォトプラン | アドビ
Adobe Creative Cloudフォトプランを利用すれば、必要な写真編集ソフトやアプリで思い描いたとおりに画像を変換できます。

一眼レフカメラの扱いと写真ソフトの使用方法を覚えることは、

ハードとソフトの両輪で必然であるという事を教室に通ってみて痛感しました。

「その辺の景色をパシャパシャしておけば、それが全てやー」

と勝手に思い込み、

きっと通っていなかったら、ソフトを使う事を知らぬまま、

少しの補正で生き返らすことや

良い1枚が更に素敵な1枚になる事を理解せぬまま、

一生を終えていたかもしれません(笑)。

この写真ソフトを扱えることによって、

写真を何枚も生き返らせる事が出来ているんです。

(ただし、何事もですが、補正をやり過ぎるとオーバーになってしまいますが…)

利用価値大のソフトですが、

しかしながら、PhotoShopも、とっつきにくいソフトなので、

知っている人に教えてもらわなければ、

きっと分からないままになっていたかも分かりません。

そんな事も踏まえて、やっぱり通ったのは正解だったかなと思っています。

後、ここの教室では、年に1~2回の展覧会を行っているので、

そこに、自分の作品を他の生徒さんの出品の中に組み込んでもらえる事によって、

作品の評価を、生でダイレクトに感じたり聞いたりすることも出来たりして、

これもまたモチベーションの一つにもなりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました